オススメお菓子

和菓子のバレンタイン2022

今年のバレンタインはシックな大人のギフトをコンセプトにそれぞれの意匠をイメージしてクオリティにもこだわりました。「雪解け」(黄身時雨)や「春月」(蕎麦薯蕷)「ときめき」(煉切黒糖羊羹サンド)は新作です。どれも職人が一つ一つ手作りで仕上げた本格的な和菓子です。思いがけないスイーツの贈り物はきっと心に残ること間違いありません。

        6個入り 1750円   4個入り 1230円    3個入り950円  

ご注文にて2月4日より店頭及びオンラインショップにて販売いたします。

 

春を追いかけて

うぐいす餅、さくら餅、梅一粒

※1/27より販売いたします

冷たい朝には身体も硬くなり心も折れそうになりますが日差しとともに少しずつ春が近づいてる気配がします。桐木神楽堂では春を追いかけて季節の変わり目をお届けします。

うぐいす餅

薄く柔らかい求肥に滑らかなこしあん。青大豆粉の風味豊かな春の味です。

さくら餅

細かな道明寺粉は程よい歯ごたえ。桜葉の香りが春を感じる逸品です。

梅一粒

甘酸っぱい青梅が爽やかに広がる桐木神楽堂謹製の人気商品です。

 

節分、そして春

寒さは続いてますが、梅のつぼみや木々の芽に春を感じます。2月2日は節分。季節の分け目です。そして3日は立春となり暦上は春となります。桐木神楽堂では節分の和菓子をお作りしています。「鬼は外~福は内」今年こそは窓を思いっきり開けて換気をしながら鬼を追い払いたいものです。

桐木神楽堂では節分、立春にちなんだ上生菓子をお作りしています。赤鬼、青鬼、お多福さん、、、販売は1月24日から2月3日まで。

花びら餅のご予約を承ります

新春の菓 花びら餅

柔らかい牛蒡(ごぼう)の甘露煮と白味噌餡を薄いお餅で包んだ花びら餅は、初釜には欠かせない新春の菓子です。その優美な姿と絶妙なマリアージュは和菓子の中でも特に印象的です。

桐木神楽堂では1月6日から26日までお作りします。店頭にも十分お出ししますが、特に週末は初釜もありますので早めのご注文のご協力をお願いいたします。